義歯

こんな症状がありませんか?

こんな症状がありませんか?
  • 何もしないのに入れ歯が動く
  • 口を開けたり話したりすると入れ歯が外れる
  • 入れ歯に食べカスが入り込む
  • 以前のようにしっかり噛めない
  • 話しにくい、歌いにくい
  • 臭いが気になるようになった
  • 金属バネに当たって痛い
  • 着脱するときに歯肉に擦れて痛い
  • 着脱が困難で、指や爪が痛くなる
  • 頬や舌を噛む
  • 入れ歯の歯が欠けた

患者様の満足される総義歯とは

人工の入れ歯・義歯で失った歯を補い、しっかりと噛める機能の回復を目指す

歯が残っているうちは、バネで残っている歯に義歯を固定させる事が出来ますが、総義歯の場合は残っている歯が一本もないので固定するわけにはいきません。それ故「噛むと痛い」・「うまく話せない」・「笑うと落ちてくる」といった入れ歯の悩みを約50%の総義歯の患者様が抱えているのです。
総義歯は科学的な裏付けと深い学識が要求される仕事で、決して経験と勘だけでうまくいくものではありません。充分な時間・技術・良質な材料・最新の機器を使って、より狂いの少ない患者様の満足される総義歯の作成が可能になります。

当院の入れ歯・義歯治療の特徴

入れ歯・義歯を得意とする歯科医師が治療

当院の院長をはじめとした歯科医師は噛み合わせ治療を得意としており、入れ歯や義歯の治療においても高い技術と経験を有しています。初めて入れ歯をつくる方はもちろん、すでに使っている入れ歯が合わないという方も、患者様のご希望に沿った最適な治療を御提案します。

院内に専任の歯科技工士2名が常駐

院内に専任の歯科技工士が常駐

入れ歯や補綴物をつくる場合は、当院専任の歯科技工士が設計・製作を行います。技工士は院内に常駐しているので、患者様や歯科医師と直接やり取りを行うことができ、治療がスムーズです。また、自費診療の入れ歯(義歯)の場合は、当院で微細な調整やカスタマイズができるのが強みです。

既存の入れ歯に不具合がある方にも対応

「すでに使っている入れ歯が合わなくなってきた」「他院でつくった入れ歯に不具合がある」といった方には、入れ歯の調整やカスタマイズ、つくり替えにも対応しています。初診時に入れ歯が合わない原因が何なのかを、総入れ歯を作る前のお尋ねや咀嚼能力測定で現状分析を行い、根本的な改善ができるように対応いたします。

当院で取り扱う入れ歯の種類

入れ歯(保険診療)

保険診療の入れ歯

保険診療の範囲でつくる入れ歯の製作にも対応しています。比較的に短期間でつくることができ、費用も安価で済む点がメリットです。一方で床の部分が分厚いプラスチックなので、装着時の違和感がある、食事の温度が伝わりにくい、審美性に欠ける、耐久性が劣るといったデメリットもあります。

金属床(自費診療)​

metaldenture

床の部分が薄い金属でできた入れ歯です。装着したときの違和感が少なく、食事の温度が伝わりやすいのが魅力です。

ノンクラスプデンチャー(自費診療)

nonclasp

通常の入れ歯は、周囲の歯に金属のバネをかけて入れ歯を固定しますが、ノンクラスプデンチャーは金属バネを使いません。見た目が美しいことと、周囲の歯に負担をかけない点で優れています

イボカップ(自費診療)

高密度の樹脂でできた入れ歯で、密度が高く硬さがあるため床を薄くつくることができます。そのため装着時の違和感が少なく、汚れや臭いが付きにくく、長期安定力でも優れています。

インプラントオーバーデンチャー(自費診療)

overdenture

顎の骨にインプラント(人工歯根)を数本埋入して、専用の入れ歯を装着する治療法です。入れ歯がガタつかずに、しっかりと噛めるのが魅力です。

既存の入れ歯・義歯でお悩みの方へ

当院では、すでにお使いの入れ歯や義歯に関してのお悩みにも対応しています。
合わない入れ歯を使い続けていると、お口の中全体にも悪影響を及ぼし、顎の粘膜や骨が変形し、頭痛や不良姿勢の原因にもなります。ストレスを抱えたまま我慢されずに、当院にお気軽にご相談ください。

症例

80歳代の男性
■ 術前患者様コメント
上総義歯を10年前に作製したが、上顎の金属の部分が鉄板を噛んでいるみたいで気持ちが悪く痛みがあり、食事の時だけ入れて使用している。

■ 術後患者様コメント
以前の義歯ははめただけで痛みがあったが、今はぴったり合っている。噛むのは抜群によく、満足度100%!

症例 1のイメージ

50代 女性
■術前患者様コメント
現在20年前に作った義歯を使用しているが、特に上の義歯がゆるくはずれやすい。
上の入れ歯が落ちてこないようにいつも無意識に舌で押さえている。
噛むと上下の歯ぐきが痛く食べ物が入れ歯の中に溜まりやすい。

■術後患者様コメント
新義歯装着から1ヵ月後、外食で和食を食べたが、天ぷら・お煮しめ・魚など全部食べられてよかった。きゅうりの浅漬け、肉、りんごも食べられる。6ヶ月後、とても調子がよく固いせんべいなども食べれるようになった。

症例 2のイメージ
那須 カズエ様

他院で2~3ヶ月前に上の義歯を作ったのですが、噛み合わせが悪く咀嚼が不自由で、目の下の辺りから左の顔半分がキリキリ、ズキズキとお昼過ぎから痛みはじめ、めまいもありました。脳のCTを撮ったり、耳鼻科も受診しましたが異常はないと言われました。
添島先生に義歯の噛み合わせの調整をしてもらったら痛みがだんだんとれてきて、夜義歯をつけて寝るように指導され、それを実行したら3ヶ月後には全く痛みがなくなり食事もおいしく食べられるようになりました。噛み合わせがいかに大切かを実感しました。

  • 那須 カズエ様、術前
  • 那須 カズエ様、術後
光永 昭範 様

とにかく人と話すときに歯がまったく見えないことと、頬のふくらみが気になっていました。
添島さんに来る前に5件ほど歯科医院に行っては義歯を作りましたが、どこで作っても口を開けたときに歯が見えず6件目の歯科を探していた時、弟から「添島さんなら間違いない。」と言われ、また弟だけでなく知人からも「添島さんならきっと大丈夫だよ。」という言葉に後押しされ、添島さんに行こうと思いました。
治療を決める上での迷いは全くありませんでした。口元が変わることは長年の願いであり、お金には変えられないものでした。また、添島さんに治療にくるたびに、院長先生やスタッフの方の温かい応対に、安心感が増すばかりだったということもあります。
添島さんで治療して、初めて自分が気になっていたことが解決しました。
今までは顔の形が気になって、普段から意識して少しだけ口を開けるようにしていましたが、今ではそんなことをせずとも歯が見えるようになりました。妻にも「本当に変わったね。」と褒められ、嬉しかったです。
みなさんのいつ来ても変わらない笑顔にはとても安心します。
治療でなくてもちょっと寄ってみたくなる、添島さんはそんな歯医者さんです。
いつまでもこのままでいてください。

  • 術前
  • 術後
Case5 症例(上村 満里子様)​

義歯を使い始めてからもう10年以上になりますが、何度作り変えても咬み合わせがしっくりこないので、いつも接着剤をつけて使用していました。また、発音もとてもしづらく、人と話す時とても気になっていました。
 歯周病で悪くなった歯を抜歯後に新しく義歯を作り直したら、かみ合わせが良くなり、不思議なことに長年悩まされていた頭痛・肩こり・腰痛までもが全くなくなりました。数年間通っていた整形外科にも全く行かなくなり、もっと早く添島歯科に行けば良かったと思っています。
 発音も良くなり、最近主人や友人からも「健康的で若くなったね。」と言われ、すごく喜んでいます。

わせはお気軽

CONTACT

歯のことでお困りの方はお気軽にご相談ください